夏野菜の暑気払いマリネ

POSTED ON 2016.07.25

Pocket

レシピ_森 玲子、写真_GOCHISOU編集部、文_GOCHISOU編集部

森 玲子野菜ソムリエ / 国際薬膳師
女性限定の有機農業の会
「はれベジPlus」主催

大阪府堺市生まれ。会社員時代の乱れた食生活で体調を崩し、食の大切さを実感。これを機に野菜ソムリエの資格を取得。自分でつくることから食を知りたいと農業の世界へ。5年半、東近江市の晴れやかファームにて有機栽培での野菜作りを行い、昨年晴れやかファームグループとして独立。野菜の生産を始め、いつ、何を、どのように食べるかという視点からも食を研鑽する日々が続く。「はれベジPlus」。

調理時間:30分以下 / 2-3人分

Ingredients

  • ズッキーニ 1本
  • じゃがいも 2個
  • ミニトマト 10-15個
  • とうもろこし 1/2本
  • ニンニク 1かけ
  • <マリネ液>
  • EXVオリーブオイル 大さじ3
  • レモン汁 大さじ1
  • 米酢 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2

How To Cook

<下ごしらえ>

  • じゃがいもは、輪切りにし蒸しておく
  • ズッキーニは1cmの輪切りにする
  • とうもろこしは1.5cm程度の半月切りにする
  • ミニトマトはヘタを取っておく
  • ニンニクはスライスしておく
  • ボールにマリネ液をあわせておく
  1. 下ごしらえした野菜をボールに入れ、EXVオリーブオイル(分量外)を加え、全体をさっと和える。
  2. 170度に熱したオーブンで約20分焼く
  3. 野菜に火が通ったら、熱いうちにマリネ液と合わせる

Comment

森先生の薬膳ポイント!

夏は身体の中の熱を冷ますもの(清熱)、そして身体に適度な水分を与えてくれる(生津)ズッキーニとミニトマトなどがおすすめ。これらは身体をクールダウンさせる涼性、寒性の食べ物です。

ただし、冷えやすい人は沢山食べると冷えて余計に夏バテしてしまうので火を加えることで緩和。
ミニトマトは火を加えるとうま味が増しますが、暑がりの方はフレッシュのまま使うなどしてご自分の好みに合わせてくださいね。

夏は暑さにより気を消耗しやすいので気を補う(補気類)ジャガイモを入れることで夏バテを予防。
また、日本の夏は湿度も高いので湿を取り去る作用のある(去湿類)トウモロコシも加えました。

酸味は収れん作用があり汗をよくかく夏は特におススメです。レモン、酢ともに食欲不振に効果あり。酢は食中毒予防にもなるので冷蔵保存すれば数日おいしくいただけます。

Produced by cma