暦の上では11月から「冬」がスタート!

二十四節気で冬は立冬(11月7日頃)から立春(2月4日頃)までの3カ月を言います。
「陰」の気が最も高まる冬は、1年で一番寒い季節。自然界では木の葉は落ち、草木は枯れ、動物も冬眠に入ります。自然にならい私たち人間も養生する季節。今はまだ、秋真っ盛りのイメージですが、暦では冬のスタートです。日々の過ごし方や食養生もそろそろ冬仕様に変えていきましょう。

ー中医学の視点から見る冬の特徴と体の変化

冬の特徴は寒く乾燥すること。寒気によって体の中の「陽気」が滞り、冷えや下痢、痛みの症状が出てきます。気血の巡りが悪くなることで頭痛・胃痛・関節痛や身体のコリ、高血圧や心臓、脳血管疾患などの発症率が高くなる季節でもあります。また、この季節の自然界の邪気(病気の原因とされるもの)を「寒邪(かんじゃ)」と言います。

ー冬に活発に働く五臓は「腎」

春の訪れと共に各臓腑はその季節ごとにハードに働き、体内の気・血・水(津液)を消耗しています。これら気・血・水(津液)のもとになるものを中医学では「精気」と言います。実は腎は全身のエネルギー源、スタミナ源であり、五臓六腑の精気を蓄えるというとても大切な役割を担っています。

冬は五行では「水」で表されます。自然界では冬は水が凍り、「静止状態」になる季節。動物たちも冬眠状態となります。私たちも同じように1年間よく働いた臓腑をしっかりと休め、来るべき年を元気に過ごすために休息が必要です。つまり、無理せず身体を労り、睡眠時間をたっぷりとること。眠りが深くなる冬に睡眠をよくとり養生することは、次の1年のパフォーマンスに大きく影響します。

冬の食養生のポイント!

腎は水の蔵であるため、冷えることを嫌い、寒さによってダメージを受け、働きが鈍くなります。食事も腎を養い身体を温めるものを中心に、そして乾燥から身体を守るよう心がけましょう。

効果別!積極的に「冬」に食べたい食材

冬の薬膳
●身体を温め体内の寒さを散らす
食材:ニラ、唐辛子、シナモン、ショウガ、山椒、フェンネル、アジ、鮭 など 
※シナモンは妊娠中の方は控える

●身体の陽を温める(特に腎に作用!)
食材:クルミ、海老、羊肉、鹿肉、ナマコ など

●身体を動かすエネルギーである気を補う 
食材:米、もち米、山芋、じゃがいも、椎茸、ハチミツ、鶏、うずら卵、肉、牛肉 など

●気を巡らせ血流をよくするもの 
食材:みかん、柚子、ジャスミン、バラの花、そば、らっきょう、グリンピース、青梗菜、酢、酒 など

●血を補い陰を補充するもの(血は陰に属します。冬は陰を養うことが大切なので積極的にとりいれましょう) 
血を補う食材:にんじん、ホウレンソウ、落花生、羊肉、レバー、豚足、マナガツオ、イカ
陰を補充する食材:小松菜、百合根、白きくらげ、黒豆、ゴマ、ハチミツ、牡蠣、蟹 など   
※蟹は妊娠中の方は控える

冬野菜の主役の大根は身体を温めない!?

根菜類は身体を温めるイメージが強くありますが、実はそうでないものもあります。例えば、大根。実は涼性のため身体をクールダウンさせる食材です。中医学では消食類という分類に属し、消化を促してお腹の張りや食欲不振、げっぷ、胸やけなどを解消させる役割があります。年末年始の暴飲暴食にも◎。生食が一番効果を発揮しますが身体を冷やすので、普段は煮物などでご活用くださいね

次回は、冬の臓「腎」とアンチエイジングについてのワンポイントを、薬膳の観点から教えていただきます。お楽しみに!