ほんまもんの食の情報をお届けする、ほんまもん教室。滋賀県大津市にあるプロムナード青山内にある「ほんまもん市」の店主である野田さんを教授としてお迎えしています。第1回目の講義テーマは「オーガニック」。みなさんは、オーガニックという言葉からどのようなイメージを抱くでしょうか。身体に良さそう?安心安全?おいしい?高価?今日はそのイメージと、オーガニックに関するほんまもんの情報を照らし合わせながら、「オーガニック」についてみんなで考えてみましょう。

「有機JAS認証」マークがある野菜=有機野菜?

有機JAS認証

「有機JAS認証」のマークがついた野菜を目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。このマークは、有機野菜を見分けるひとつの目印。でも、この認証を受けるためには「2年以上圃場に化学肥料もしくは農薬を使っていない」「他の圃場から風で飛んでくることがない」という条件を満たすだけでなく、どんな風に育てているのかを詳しく書いた栽培履歴などの書類を提出したり、認定員の交通費や宿泊費を出したりする必要があります。簡単にいえば、お金も時間もすごくかかるマークです。個人の有機農家にとっては、かなりハードルが高く、条件にはあてはまっているけれど申請できないという人も少なくありません。

―1歩踏み込んで、有機「肥料」にも目を向けて

有機JAS認証には、もうひとつ問題点があります。みなさんは有機野菜に使われている有機肥料について考えたことがありますか?例えば、有機肥料のひとつである牛ふんや鶏ふん。これは、きちんと発酵されていれば何の問題もありませんが、半発酵状態のままだと硝酸態のように人間の身体にとってよくない物質が入った有機肥料になってしまいます。日本の有機JAS認証には、有機肥料をつくるためにどのように発酵したのかという過程や、牛や豚、鶏のエサの内容、有機肥料を使う量などを規制する内容は入っていないという問題点があるのです。

オーガニックはほんとうに安全なの?

オーガニックはほんとうに安全なの?

いつの間にか「オーガニック=安心・安全」というイメージが広まっています。その理由のひとつに、化学物質に対する拒否反応があるのかなと。そのこと自体が悪いわけではありませんが、人工的につくった毒と自然毒の数をくらべると自然毒の方がはるかに多いわけです。例えば、天然のフグをそのまま食べたらどうなりますか?そう考えると「自然物=いい。人工物=悪い」と簡単に判断することはできませんよね。

それから、もうひとつ。すこし極端なことを言いますと、有機肥料をたくさんやりすぎた野菜は、えぐみが出ておいしくありません。身体にもよくないですし、虫も食べます。「有機野菜だから虫が食べる」と言う人がいますが、虫が食べるような野菜を人間が食べるのはよくないですよ。虫の消化器官と、人間の消化器官。虫の味覚と人間の味覚は、違います。人間にとっては害である硝酸態も、虫は分解する酵素を持っているんです。

―オーガニック・有機JAS認証=安全と言えない理由

有機農家でも、正しい知識と技術を持っている人ばかりではありません。それは、個人的には農薬以上に危険なことだと思っています。なぜなら、農薬は多くの人が危険なものだとわかっていますよね。特に日本の場合は量や使用時期にも制限がかかっています。でも、有機肥料には、危険というイメージがない。だから、知識がない人はどんどん使ってしまいます。オーガニック・有機JAS認証=安心ではないというのはそのためです。

また、私は自分が食べる分に関しては「農薬を使っているかどうか」で野菜を選びません。虫が出たときだけ、農薬を使う。散布ではなく、スポイトやハケを使う。99%有機肥料、残りの1%だけ化成肥料を使う。そうやってつくられた野菜は、知識や技術がない状態でつくられた有機野菜よりも、ずっとおいしいし、安全です。

ただ、ほんまもん市では「いい野菜、なおかつ有機栽培のもの」だけ扱います。それは、有機農業の技術を育てるためでもありますし、今すでに農薬も化成肥料も使わなくても、いい野菜をつくる農家がいるからです。使わなくてもいい野菜ができているのですから、使わないに越したことはありませんよね。

ほんとうにいい野菜を選ぶために、私たちが必要なこと

ほんとうにいい野菜を選ぶために、私たちが必要なこと

一般の人が、いい野菜を選ぶときの一番わかりやすい基準は「味」です。当たり前だと思われるかもしれませんが、食べておいしいと感じるものを選ぶこと。ただ、甘い野菜=いい野菜ではありません。これは笑い話ですが「このニンジンは、柿のように甘い」と言った人がいます。でもそれなら柿を食べればよいだけのこと。糖度が高いものを求めるのではなく、野菜本来の味がするものを選びましょう。

それから、一定のスピードで作物が成長した証としてわかりやすいのは左右均等に育っている大根の葉の部分や、均等な白菜やキャベツのお尻の部分。これらは化成肥料を入れると急に成長するため、いびつになってしまうのですが、これもあくまで一例です。本当は自分で畑に行き、自分の目で見ること。選ぶ目を持つことが大切ですが、それはなかなか難しいですね。

―信頼できる人から買うことが大切

ではどうすればいいのか?それは実際に店の人と話をして「どういう基準で選んでいますか?」「生産者はどういう人ですか?」と質問をすることです。例えば、みなさん、病院に行ったときにしっかり説明してくれない医者と出会ったら、不信感を抱くのではないでしょうか。これは医者でも農家でも、販売店でも同じこと。本当のプロはちゃんと答えます。

話をごまかしたり、答えなかったり、怒ったりする人は、最初から相手にする必要はありません。それは完全に素人です。もちろんプロにも、わからないことはあるでしょう。ただ、ちゃんとしたプロは、わからないことに対してはわからないと言いますし、いつまでに調べて回答しますと対応します。結局、最後は人と人。自分が畑に足を運ぶことができないのであれば、本当のプロから買ってください。それがいい野菜を選ぶための、一番の方法です。

今日のおさらい

・有機JAS認証のマークがなくても、同じ栽培方法でつくられている有機野菜がある
・有機JAS認証の内容が、安全性を保証してくれているわけではない
・信頼できる農家や販売店を探す


消費者である私たちができることは「オーガニックだから」「有機JAS認証だから」と表面的な表示だけで選ばないこと。そして、信頼できる人から買うこと。それがいい野菜を買う方法であり、いい野菜をつくる農家さんへの応援につながるのではないでしょうか。

次回のテーマは「お茶のおはなし」

野田教授いわく「お茶こそ、一番農薬に気をつけて欲しいもの」。一体それは、どうしてでしょうか?次回は、農薬とお茶の関係、オーガニックのお茶が少ない理由、子どもに飲ませたいお茶の種類など、お茶の秘密に迫ります。

次回更新は7月20日の予定です。